社員インタビュー

店舗運営者として仲間と目標達成したときの喜びを。

T.Kawabata

店長
2009年入社

一人ひとりの成長が私の自信につながる。


マクドナルドの店長の仕事は、アルバイトの採用・教育などの人材マネジメント業務、資材管理や売上管理等の管理業務など、多岐にわたります。その中で私がもっともやりがいを感じるのは、クルーとともに設定した目標に向けて、トレーニングを実施し、その目標を達成したときです。以前、店舗全体の売り上げを拡大するために、マックアドベンチャーというお子様向けの職場体験を新たな施策として実施しました。私を含め、クルーにとっても未経験のことでしたが、全員で協力し、今では私の担当する店舗の人気企画となりました。
このように店舗で働くクルー全員には常に新しいことに挑戦する環境を提供し、モチベーション高く仕事に取り組んでほしいと思っています。そこで、クルー一人ひとりと目標を立てるようにしています。目標に向かって日々努力を積み重ねることで成長につながりますし、日々できることが増えることがモチベーションにもつながります。その対応として、それぞれの目標に対して、日々フィードバックをして、彼らの成長を促すようできる限りのサポートをするよう心がけています。クルーの成長は私自身の成長と自信にも繋がりますし、そうやってお互いに良い刺激を与えあえる関係でありたいと思っています。

自分の仕事が正当に評価され、
給与にもきちんと反映される。


貴久で働いていて思うのは、マクドナルドの店長というのは人材、商品、財務をすべて管理し、経営者に近い業務に携わる事ができるので、自分の成長につながるということです。人材マネジメントもそうですが、飲食業界に限らず、ほかでも活かせる様々なスキルを身につけることができます。そして、日頃の頑張りはPay for Performance(ペイ・フォー・パフォーマンス)という考え方のもと、仕事に見合った評価として給与を得ることができます。やはり自分の仕事が正当に評価されて、それが給与にもきちんと反映されるのはモチベーションの一つになります。また、店舗運営者である店長は戦略を自ら考えて店舗運営の舵取りを行うわけですが、だからといって孤独になることはありません。当社では上司との定例1on1ミーティングやオーナーとの評価面談で直接仕事上のアドバイスを受けられる環境があります。また、オーナーや全店舗の店長が集まる月に一度の店長会議では、他店舗の店長との意見交換の場も多く設けられています。仕事をしていると、悩んだり迷ったりすることもありますが、何でも話せる仲間、場所があるので、その点においても当社は非常に働きやすい職場だと思います。

他の社員インタビュー

©2022 株式会社貴久 All rights reserved.